街の鍛冶屋ブログ

« 2010年6月 | トップページ | 2011年7月 »

2010年7月20日 (火)

“ハート”の形のきゅうり

Cimg1121a

切り口が“ハート”型や“星”型のきゅうりがJA等で売られ好評らしい。

“型”に入れ成長させると好きな形に成形できるらしい。
とりあえず配管用の透明なパイプを五角形に組み試してみる。
Cimg1159a

出来上がりがこれ
Cimg1108a

切ってみる
Cimg1106a
オクラ?ヒトデ?

ネットで調べると“型”が売られており、“ハート”と“星”の2種類あるので両方入手。
きれいな仕上り... さすがである。
Cimg1125aa_2

只今“星”型のゴーヤを育成中
Cimg1160a
どうなる?
“星”型具材の“ゴーヤチャンプルー”ってどうなの???

7月 20, 2010 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

時期的に早いけど...Part2

Acimg0921

6/29火曜日に収穫した蜂蜜。
約1700cc程採れた。
まずまずの収穫に社長も上機嫌。
気になるお味はというと、上品で体にやさしい感じのする美味しさ。
甘いものを敬遠しがちな男共でもたくさん食べたくなる?味ではないだろうか。

なりゆきで時期外れの蜂蜜採取となった事態だったが...
“うちのも採る”と言い出したのが隣の“木村さん”。
え???今???この時期???
女王蜂を失ってしまう可能性もある“賭けなのよ”と悟っても
“採る”と言って聞く耳をもたない。
そんなわけで連チャンの蜂蜜採取を決行する事になった。
Acimg0925
蓋を開けても全く動じない“木村さん”とこのハチ君達。
巣の造りも最上部まで形成されていないし“性格”の違いが感じられる。

とりあえず4段目を取外す。
Acimg0932
取外す箇所を叩いて脅かしてあるので、ハチ君達は下の方に移動している。

続いて3段目を取外した状態。
Acimg0938
最初見た時は華奢に感じた巣だったが、2段目から下はしっかり形成されている。
Acimg0929
...にしてもここのハチ君達はおとなしい。

せっせと手際良く巣箱をきれいにする社長。
Acimg0950
“養蜂家”への道を歩み始めている?

掃除した巣箱を復旧
Acimg0939
ハチ君達には旧2段目から4段目に引越しして新生活をスタートして頂く。

今回外した巣板
Acimg0949
意外と採れた

いそいそと袋詰めする“おじさん”達
Acimg0957
口元がほころんでいる。

今回採れた蜂蜜
Acimg0963
量も約1800ccと充分な収穫
次回収穫予定の秋にはどんな蜂蜜が採れるのだろう?

尚、写真撮影者は先日蜂の襲撃で負傷退場事件が発生した時と同一人物である。
彼は翌日休業に追い込まれたにもかかわらず、今回果敢に挑みリベンジを果たした??。
...だけどあの日はワールドカップ日本代表の本戦試合があった日だ。
“朝起きれなかっただけ”だったんだな..(¬_¬

養蜂器具を扱う“熊谷養蜂”さんhttp://www.kumagayayoho.co.jp/index.html

7月 1, 2010 | | コメント (0) | トラックバック (0)