街の鍛冶屋ブログ

« 港の見える丘公園も工事してきました。 | トップページ

2015年4月10日 (金)

DIYのノリで塗料撹拌機(羽根)を作ってみた

一斗缶の口(口径40mm)から入れられる塗料撹拌用の羽根が欲しい。
缶ごとゆすってもなかなか混ざんないし、めんどくさいんだよね。

ネットでも様々な撹拌機が販売されているが
“作れんじゃね?”という事で
材料(今回はオールステンレス)
丸棒φ7mm 長さ500mm
フラットバーFB5x12 長さ500mm程度
丸パイプφ17厚3mm 長さ50mm(余り物)
Dscn1092_2

フラットバーを38mm位に10枚に切って、真中に穴φ7を開ける
丸パイプは半割りにする
Dscn1094_3

穴を開けたフラットバーに丸棒を串刺しにする
Dscn1095_3

下から段々になる様にフラットバーを溶接する
5mm厚を10段重ねてあるので現段階の羽根高さは50mm
Dscn1097_2

削り込むので、ずらす寸法は大雑把だが、
最下段は6mm、最上段で3mm程度ずらしてみた
Dscn1110_2

それをグラインダーでスクリューっぽく削る。
Dscn1124_2

半割りのパイプを上に溶接すれば完成
羽根の全長は100mmです
Dscn1131_3

こんなんで混ざんのかよ
Dscn1139_2

一斗缶の口が40mm
Dscn1162_2

入りました
Dscn1164_2

試運転
(撮影の為、缶は切って開けてある)
Dscn1176_2

充電ドライバーでこの能力なら合格でしょう
へぇ~ らせん状に波が立つんだー
Dscn1177_2

“さぁ皆さんもレッツトライ”って買った方が早いな

4月 10, 2015 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182686/61418212

この記事へのトラックバック一覧です: DIYのノリで塗料撹拌機(羽根)を作ってみた:

コメント

コメントを書く